営業ノウハウ

【会話が面白いくらい続く!?】テレアポ鉄板フレーズ

こんにちは!もしりんです。

本日は、鉄板フレーズをご紹介します。

Rin

この記事はこんな人におすすめ
会話が止まってしまう人
お客さんの質問にうまく答えれない人

フレーズを入れる目的は、

お客さんが、話したくなるような、

聞き入れてもらいやすいような会話をすることが目的です。

もちろん、むずかしい言い回しとかではなく、一言を付け加えるだけでOKです。

鉄板フレーズ

では、ひとつずつ、よく使われるフレーズをご紹介していきます。

最後には、これらすべて使った会話の例もご紹介します。

1つ目、『ちなみに、』

会話の流れを変えたいときに利用できます。

ちなみに、〇〇でしたらどうですか?

ちなみに〇〇だったら興味ありますか?と

お客様の会話の一言から、さらに会話が広がるイメージ。

漠然とした断りから、もう一歩、会話を深堀りができるようになります。

2つ目、『そういったお声も多かったので』

お客さんの中には、その商品、またはサービスへの

イメージが良くない、もしくは誤った認識の方も多いです。

そんなときに、お客さんの声も受け止めたうえで、

自社のサービスは、こういうことをして満足してもらっております!と説明に、

信ぴょう性を持たせることができます。

3つ目、『おっしゃる通りでございます。』

お客さんの質問に対して、同意する内容だった場合、

ただ『はい』とか『そうです』ではすこし味気ないですし、

同意というのは会話の中ですごく重要な要素です。

おっしゃる通りでございますと言う事で、

何よりお客さんが気分よく、たくさん話をしてくれるようになります。

4つ目、『逆に、』

断る理由に対して、それとは、逆のことが可能であれば、

やっていただけますか?という場合に使われます。

機転を利かせて不利な状況を活かしたい時や、

お客さんの真意を聞きたい時などにも有効です。

1つ目で説明した『ちなみに、』と同じような意味で使うことができます。

5つ目、『他のお客さまと同じように』

なんとなく決めきれないお客さんに対して、

他のお客様もやってますよ、だからあなたもどうですか?というような時に、

使うことが多いです。

一方的に〇〇してください!!というよりも、みんなもしているなら、

やってみよかなという心理が働きやすくなります。

フレーズ集大成、トークの例

それでは、上記紹介したフレーズをすべて使った、

お客さんとアポインターの会話のイメージを見ていきましょう!

お客様

どうせ面倒でしょう。

アポインター

ちなみに、ご面倒と感じられる部分は、書類手続きとかでしょうか。

お客様

そうですねぇ。。

アポインター

そうですよね、
そう言ったお声も多かったので、弊社では、
ご面倒な書類の手続きはなく、お電話で、
お受付とらせて頂けますのでご安心ください。

お客様

電話で出来るってことですか?

アポインター

おっしゃる通りでございます。

アポインター

もちろん、確認書面は送らせて頂けますが、
ご返送などは不要になりますのでご安心下さい。

お客様

でも、今はこれと言って困ってないので・・

アポインター

そうですよね、ただ、
変えて頂いているお客様の大半は、
何か、不満があって変えて頂いているというよりか、
現状でご満足して頂いている方に、
より、安心のアフタフォローのサービスや料金のコストカットなどを、
提案させていただいておりましたので、お客さまのような方でも、
ご満足いただけるかと思いますのでご安心ください。

今より、サービスが向上して今後も継続して使えたらいいよね!
ということで、みなさま選んでいただいているので、
逆に、現状にこだわりなどがなければ、ほかのお客様と同じように、
ご利用いただければと思いますので、よろしくお願いします。

お客様

そうなんですね。
それじゃ、この機会にやってもらおうかしら。

アポインター

ありがとうございます!!

それでも困ったら?

以上のような会話内容になります。

ところで!上記の会話でもっとも、

使われていたフレーズは、何だったか分かりますか?

そうです、ご安心下さいというフレーズが3回使われています。

これが、6つ目のフレーズです。

もし、今回ご紹介したフレーズで、

こんなにたくさん使える自信がないという方は、

この、ご安心下さいをまず、使ってみてください。

わたしも新人のころは、このフレーズからたくさん使うことを意識していきました。

いきなり、かかってきた電話に対して、お客様は警戒心しかありませんし、

案内しているサービス内容にも、不安な点が多いと思います。

なので、お客さんが安心して頂けるように、必ず、会話の節々に、

ご安心ください。安心してくださいね。とひとこと添えることがとても重要です。

まとめ

上記、フレーズで習得できる要点をまとめました。

お客さんの本音を聞き出せる。

話したくなる、聞いてもらいやすくする。

サービスの内容は、メリットだけでなく、安心感を与える。

いかがでしたでしょうか。

テレアポは、自信が大切です。

あなたの言葉一つで、相手の対応が変わるおもしろさを経験して、

どんどん自分のものにし、自信につなげて下さい。

以上、読んでいただきありがとうございました。