あい あむ。

2022年1月15日

こんにちは!Rinです。

ブログを運営する中で、必要かなぁ~と思い書くことに致しました。

 

軽く、簡単に。

 

小さいときは外での遊びより中でなんか作ってるほうが好きなほうで、

幼稚園では、

お遊戯会で主人公に選ばれたのが嫌すぎて母親から先生に主人公からわき役のミツバチ役になりたいと伝えてもらう。

小学校は、

6年間時間割に縛られ同じところに通い続ける現実に絶望し、入学早々、友達が出来る前に不登校になる。

クラスに戻れたのは半年後。

その5年後、となり町の学校へ転校し無事6年間の小学生という任務を終える。

中学校は、

部活に打ち込む。

何となく15歳からどんどん人生が明るくなっていった感じ。

高校は、

体感的に、1年で終わったくらい良くも悪くも濃厚な時間を過ごした。

初めてのバイトは和食屋のホールスタッフ。

家からチャリンコで10分足らず。

将来の夢は、特になし。

とりあえず自由にいろいろ飛び回りたい気持ちがあった。

それが何の職業でできるかも不明。

ただ、いつか見た世界が100人の村だったら。のテレビをみてなんとなく世界に興味を持ってた。

そんなことを考えながらも、

何をどうすればいいのかわからず、時の流れに任せて高校 卒業。

高校3年生の時にバイトしていた居酒屋でそのままフリーター生活。

時間だけはあったが、お金はないのでとりあえず、バイトと図書館と家のトライアングル。

そんなある日、路上詩人の人に言葉を書いてもらって感動。

そこからその人とコンタクトを取りその人の会社に入れてもらい、

アルバイトとして1年間働く。

そこで出会った三つくらい上の先輩が辞める際に、

高橋歩の世界一周しちゃえば?って本をくれて、

20歳の誕生日に、インドへボランティアに行くことにする。

そこで、インドにはまり、ほかの国にも興味を持ち、世界一周という夢を持つ。

そこから人脈を広げたり、ビジネスをしてみたりするも、本来のコミュ障のせいもあり疲労とストレスで激太り。

ますます人に会いたくなくなる。

月給6万円。シェアハウスで3畳の和室がわたしの部屋。

そのころ、京都に住んでいたけど、何となく大阪にいこうと大阪で仕事を探す。

何となく選んだ営業会社に入って、そのままあれよあれよと新人賞をもらい、

毎月、売り上げも達成するようになり、節約もしつつ3年で850万円をためる。

25歳でフィリピン留学をし、10か国あまりを10か月間かけて放浪。

帰国後に、引き続き営業関連の仕事をしていたが、

何か変えたい気持ちが出てきて退職し、東京へ移住。

ただ、コロナで引きこもり生活が始まる。

そこでブログを綴るようになった。

今、20代を振り返ると、

20代の最大の反省は、人生を美化しすぎていたこと。

20歳のときに思い描いていたような人生ではない。

自分の意志の弱さや行動力のなさにたまに嫌気もさす。

ただ、逆にそんなに悪い人生でもなかった。

自分が全く予想もしなかったところで自分の長所を見つけることができ、

自分は絶対に無理だと思っていたことをやれるようになったこともある。

ストーリー通りではなかったから、わたしのような完璧主義者にはつらい部分も多い。

だからこそ、30代になったら手放すことに関心が出てくる。

不完全で目の前のことに目を向けれるようになる。

等身大の自分でも問題ない気がしてくる。

それは、諦めもあるのかもしれないが、違う見方で人生を見ることも、

また良いのではないかと、一つスコトーマが外れたように思った。

未来に対して、不透明な感じは10代と変わらないけれど、、、

明日に続く。

 

LIKE:本・雑貨・温泉・ガパオライス・ラーメン・珈琲

HOBBY:ウォーキング・料理・ブログ・一人旅

共感してくれる人がいたらうれしい・・・笑

 

 

暮らし

Posted by Rin